薬物乱用頭痛

薬物乱用頭痛とは簡単に言うと頭痛を止める屯用薬を、慢性的に(毎週2~3回以上で3ヶ月以上)服用することにより起こってくる頭痛です。薬剤誘発頭痛(薬が頭痛を起こしている)とでも呼んだ方がしっくりと来るかもしれません。本来頭痛を止めるはずの薬を頻回に服用することが、なぜ逆に頭痛を誘発するのか原因ははっきりとは見つかっていませんが、薬の使用による血行不良や副作用などが考えられます

 

  • 片頭痛も緊張型頭痛もある
  • 薬を頻繁に飲む
  • 薬を飲んでも効かなくなってきてどうすればよいかわからない
  • 病院に行っても治らず不安
  • 若いころから頭痛持ちだ
  • 鎮痛剤を2日に一回位飲む
  • 頓服薬を3日に一回の頻度で使用しないと辛い

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事