ピラティス

ピラティスの世界にようこそ!

当院ではマンツーマンのマットピラティスを取り入れております。

ネバダ州立大学認定DKピラティスの有資格者が指導します。

ピラティスについてご説明いたします。

Joseph Hubertus Plates(ジョセフ・ヒューバータス・ピラティス)

ピラティスメソッドとは何か。
今や世界的に有名となったこのメソッドは、ドイツで生まれました。

ピラティスは、ジョセフ・ピラティス氏によって考案されました。

ピラティス氏は幼少時代、リウマチ熱、くる病、喘息などを患い非常に病弱だったと言われています。

彼は、体操選手やボクサーとしても活躍していた父の影響を受け、ヨガ、スキー、体操、ボクシングなど、様々なトレーニングに取り組み鍛錬を重ねました。

14歳の頃には彼の身体は十分に発達し、解剖学書や芸術家の身体モデルにもなるほどでした。

ピラティス氏の名言の中に

“Physical fitness is the first requisite of happiness.”
「幸福に最も必要なものは身体の健康である」

という言葉があります。

体が弱かったピラティス氏は、
心と体の“健康”“幸福”に繋がることを

身をもって経験したのでしょう。

誰もが行えるピラティス

ピラティスはリハビリを目的につくられたエクササイズです。

高負荷のかかる筋肉レーニングとは違い、緩やかな流れを感じられるピラティスは、運動初心者から経験者まで、体力レベルに応じて実践して頂ける運動法です。ピラティスを行うことで、自分自身の体の細やかな筋肉から精神に至るまですべてをコントロールする、身体の再教育とも言われています。ですので、年齢、体格、フィットネスレベル、ワークアウトの目標を問わず、誰にでもできる素晴らしいエクササイズです。

ピラティスと美しい姿勢

ピラティスでは

”呼吸法”
”背骨の配列”

”体幹の動き”

にとても重点を置いています。

ピラティスを考案したジョセフ・ピラティス氏は
「10回で違いを感じ、20回で見た目が変わる。30回で身体のすべてが変わる」という言葉を残しています。

ピラティスを行うことで体幹を鍛えることができ、正しく美しい姿勢が身につきます。それにより、見た目だけの美しさだけでなく、年齢を重ねてもケガをしにくい体づくりにも役立ちます。また、医療の現場でリハビリとして取り入れられることも多いことから、一生続けていくことのできるエクササイズです。

ピラティスの効果

ピラティスは、骨格を整えることで代謝を上げることができます。

肩こり、首コリ、腰痛、関節痛はもちろんの事、痩せやすい身体づくりや柔軟性を引き出しながら体幹の強化を目指すエクササイズです。

身体を引き締めて直接的にサイズダウンをするほか、骨格が整って内臓の代謝活動が上がることで脂肪の燃焼量もアップ!
痩せやすい身体づくりを目指します。
冷えやむくみの解消、自律神経を調整するといった効果も期待できますよ。

ピラティスの効果をしっかり感じるには、継続して行うことが大切です。

まずは週1回から、慣れてきたら徐々に頻度を増やして、無理せず続けてみてください。
10回、20回、30回と回数を重ねるうちに身体の変化を実感できる

方が多いです。

当院のピラティス

当院ではマンツーマンでのマットピラティスのセッションを行っております。担当者の資格でもあるネバダ州立大学認定DKピラティスジャパン

DKピラティス創始者ドリー・ケラペスは、ジョセフ ピラティスの元で23年もの間トレーナーとして働いていた直弟子のイヴ ジェントリーより1987年 サンフランシスコにてピラティスを学びました。

イブ ジェントリーは【プレピラティス】という概念を作りました。
プレピラティスとはレッスンの最初に体への気付き、正しい呼吸や
正しい順序を学ぶ繊細なワークです。

多くの方は、猫背の改善や美姿勢、身体の不調を取り除いたり
パフォーマンス向上などの目的でピラティスに訪れます。

しかし、やみくもに腹筋や背筋を繰り返してもそれらは目的を
達成できないかもしれません。

私も実際、プレピラティスをエクササイズ中、そして日常に取り入れる
事で身体の動きが大きく変化しました。

最初は少し難しく感じるかもしれません。しかし継続して行うことで
確実に身体も心も変化します。

是非いちどピラティスにトライしてみてください

すこし長くなりましたが、何より楽しんで行うこと事が一番!
一緒に楽しみましょう♪

ピラティス