椎間板ヘルニア

733042_s

椎間板は背骨を支え、衝撃を吸収するクッションの役目をしています。椎間板の中心部には、髄核(ずいかく)というゼリー状の軟骨があり、その周囲を 線維輪(せんいりん)が取り囲んでいます。

椎間板ヘルニアは、何らかの理由で線維輪に亀裂が入り、髄核が線維輪をやぶって飛び出し、神経を圧迫させます。比較的若い方から中年の患者さんに多くみられ、腰に負担をかけるような仕事やスポーツをしている患者さまにも起こりやすい疾患です。前かがみで重いものを持ち上げたり、身体をねじったりする日常動作でも発症します。

椎間板ヘルニアの症状

しびれ、痛みなどの症状が出る

椎間板ヘルニアは、突出した髄核が神経に触れたり炎症を起こしたりすることで、しびれ、痛み、力が入りづらい、感覚が鈍くなる、といった症状があらわれます。

<椎間板ヘルニアの症状>

  • しびれ
  • 痛み(腰痛、下肢痛)
  • 力が入りづらい
  • 感覚が鈍くなる
  •  排尿障害、排便障害

まれではありますが、ヘルニアによって馬尾ばびと呼ばれる神経が圧迫され傷つくと、排尿障害・排便障害・膀胱・直腸障害・勃起障害を生じることがあります。馬尾症候群の診断が確定すれば、迅速な治療が必要です。馬尾の腫れを減らすために、圧迫を軽減する手術はできるだけ早く行わなければなりません。24時間経過すると神経症状の回復が不良とされていますので、緊急手術の対象となります。

症状の経過

発症当初

ひどい腰痛

1~2日後

腰痛軽快

下肢痛が増す(坐骨神経痛)

デジュリーヌ兆候⇒せきやくしゃみで下肢痛が増悪

腰痛について詳しくはこちら

腰痛